救急告示 南川整形外科病院

救急告示 南川整形外科病院は福岡市西区にある病院です。整形外科を中心とした病院ですが,形成外科,内科の診療も行っています。

001.png001.png002.png002.png003.png003.png004.png004.png005.png005.png006.png006.png

取り組み

安全管理について

安全管理に対する基本的な考え方

当院では、患者様が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目的として、病院で全体で安全管理体制の確立に取り組んでいる。
医療事故を未然に防ぐための組織的事故防止対策の体制の整備、個人レベルでの事故防止対策の体制整備を行い、安全で最良の医療を提供できるように、質の向上の研鑽に努めている。

医療安全管理委員会

病院長を委員長とし、各部門の責任者からなる安全管理委員会を設置している。
毎月一回の定例委員会を開催し、報告書の分析、今後の対策について検討している。また、各部署に安全管理推進委員を置き、現場サイドでの医療事故防止に携わっている。

安全管理のための職員研修

予め作成した研修計画に従い、1年に2回以上の、全職員を対象とした医療安全管理のための研修を実施している。

医療安全管理のための活動

各部門の医療安全管理委員は、推進委員とともに院内の縦と横の連携の要となる。
a インシデント、アクシデントレポートを収集し、毎月の定例会で事例の分析と問題点を提示し、実施された対策の評価をする。
b インシデント、アクシデントのまとめを各部署に回覧する。各部署の事例を知ることにより、事故の再発を防止する。
c 安全のための院内ラウンドを2ヶ月に1度実施する。問題箇所は各部署に提示し、改善案を評価する。

医療事故発生時の対応

医療側の過失によるか否かを問わず、患者様に事象が生じた場合には、可能な限り、まず院内の総力を結集して救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。

その他の対策

当院では常に安全確保のための体制を見直し、他の部門との連携を行うことにより医療の安全性の向上に努める。

感染管理について

申し訳ありません。現在、準備中です。

個人情報保護について

個人情報保護方針

当院は、常日頃より患者さんの視点に立ち、質の高い医療の実現とより良い患者サービスの提供を目標として、診療業務を行っています。患者様の健康状態に応 じて迅速に的確に医療を提供させて頂くためには、患者様に関する様々な医療情報が必要です。患者様と確かな関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けて 頂くためには、患者さまの個人情報の安全管理は必須です。当院では、下記の方針に基づき、患者様の個人情報については適正に取り扱うよう全力で努めてまい ります。

1.個人情報の収集

当院は、診療および病院の運営管理に必要な範囲に限り、患者様の個人情報を収集させて頂きいたします。その利用目的ついては、患者様に予め明示いたしま す。また、その他の目的については、患者様に予め明示いたします。また、その他の目的に個人情報を利用する場合は、利用目的を予めお知らせし、ご理解を得 た上で実施いたします。

2.個人情報の利用及び第三者への提供

当院は、患者様の個人情報の利用につきましては、以下の場合を除き、原則として、本来の利用目的の範囲を超えて利用および第三者への提供は致しません。
 ○ 患者さんの了解を得た場合
 ○ 個人を識別あるいは特定できない状態に加工して利用する場合
 ○ 法令等により提供を要求された場合
 当院は、個人情報を第三者へ提供する場合、その必要性を慎重に吟味し、出来る限り患者様の個人情報を保護するように努めます。また、相手方に対し、患者様の個人情報が保護されるよう申し入れを行います。

3.個人情報の適正管理

当院は、患者様の個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩を防止し、安全で正確な管理に努めます。

4.個人情報の確認と修正(開示など)

医療側の過失によるか否かを問わず、患者様に事象が生じた場合には、可能な限り、まず院内の総力を結集して救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。

5.問い合わせ窓口

当院の個人情報保護方針に関するご質問、お問い合わせおよび開示等への対応は、個人情報相談窓口でお受けします(電話 092-891-1234 (代))。

6.法令の遵守と個人情報保護の継続劇改善

当院は、個人情報保護に関する法律を遵守し、個人情報保護管理規定を策定するとともに、個人情報保護管理のために責任者を置いて患者様の個人情報の管理を行います。また、個人情報管理規定は適宜見直し、継続的に改善を図ります。

個人情報収集の目的と利用の範囲

1.患者様の健康の維持と回復に資するために利用します

具体的な利用の範囲は次の通りです。

1. 診療等患者様への安全な医療サービスを行う場合
2. 患者様の診察に関し、外部に医師等の意見、助言を求める場合
3. 他の保健・医療・福祉等の関係機関と連携する場合
4. 3の関係機関からの照会(患者様が同意されている場合)に対して回答する場合
5. 検体・検査等を外部に委託する場合
6. ご家族へ病状説明を行う場合
7. 医療向上のためのに利用する場合
 * 医師、看護師、その他、当院の従事者、実習生及び研修生に対する教育や臨床研修のための利用
 * 臨床研究のためのデータ収集
 * 専門医、認定医制度への申請のための利用
 * 学会等の発表(患者様個人を特定できないように配慮する)
8. 公益目的のために利用する場合
 * 公益性の高い疫学調査等への協力
 * 医療行政等に関わる統計・調査
 * 保健所等の公的機関に対する保健医療及び公衆衛生上の報告
9. 事業者から委託を受けた健康診断等の結果を通知する場合

2.病院の管理運営に資するために利用します

具体的な利用の範囲は次の通りです。

1. 医療保険に関する事務取り扱いをする場合
2. 会計等経理の作業をする場合
3. 入退院等の病棟管理を行う場合
4. 医療業務の適正化のための外部監査機関の監査を受ける場合
5. 業務改善等のための基礎資料とする場合
6. 法令に基づく利用の場合
7. 医療賠償責任保険等に係る医療に関する専門団体や保険会社等への相談または届け出を行う場合
8. その他の患者様への医療サービスの向上を図る場合