救急告示 南川整形外科病院

救急告示 南川整形外科病院は福岡市西区にある病院です。整形外科を中心とした病院ですが,形成外科,内科の診療も行っています。

001.png001.png002.png002.png003.png003.png004.png004.png005.png005.png006.png006.png

診療部・部門紹介

栄養部

基本方針

「患者さんの家族のつもり」で食事を提供する。

食事提供

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に基づき、医師の指示のもと「約束食事箋一覧表」を作成し、一般食、特別食を提供しています。

DSC_2016.jpgDSC_2014.jpgDSC_2013.jpg

主な一般食、特別食

【一般食】
【エネルギーコントロール食】
【脂肪制限食】
常食(A~D)  糖尿病  膵臓病
流動食  心臓病  肝臓病
3分   脂質異常症  脂質異常症 
5分   高度肥満症  
軟菜   痛風  
ダイエット 肝臓病

幼児    

私たちは「患者様の家族の気持ち」で食事を提供しています。
当院は、整形外科の専門病院ではありますが、糖尿病や脂質異常、痛風などの内科的疾患を合わせ持った患者さんも多数入院されます。

中には、血糖のコント ロールが正常になるまで手術が延期になる方もいれば、入院して初めてそのような疾患があったことに気付く方も少なくありません。最近では、特に若い患者さ んに牛乳が飲めないという方が多く、将来の骨粗鬆症がとても心配されます。

そのようなときは管理栄養士が病室に出向き食事指導を行ったり、若い時だからこ そ摂取しないといけないカルシウムの大切さについてアドバイスを行ったりします。

また、主治医からダイエットをするように言われて、泣く泣くダイエット食 に変更になる患者さんもいます。ダイエット食とは言っても肉も野菜もご飯も食べられ(もちろん野菜も果物も)、バランスの摂れた食事なので、皆さん、無理 なくダイエットを成功させることができます。毎日、体重計に乗り、少しずつ減る自分の体重を見てますますやる気になるようです。

決められた量を決められた 時間に食べることがいかに大切であるかということを実感して退院されます。患者さんの中には内科的疾患も一緒に治療できて「骨折してよかった~」言われる 方もいました。

そのような意味でも、これからも「患者さんの家族のつもり」で食事を提供していきたいと思います。