新着・イベント情報 NEWS

お知らせ 2021.06.03

【学会発表】第25回 日本ペインリハビリテーション学術大会で研究発表しました。

第25回 日本ペインリハビリテーション学術大会で研究発表しました。

難治性疼痛への挑戦

【発表者】運動器認定 理学療法士 鶴田崇

本学会は、痛みのリハビリテーションや研究に携わる医療従事者が集まり、痛みとそのリハビリテーションをより科学的な面から追求し、医療の発展を目指す学会です。

痛みで悩んでいる方々に忠実に向き合い、臨床に還元する。

 当院は、肩関節専門の医師が在籍しているため肩関節の痛みで悩んで来院される方々が多いです。特に多い疾患が、肩を動かすのに必要な腱板と言われる筋肉の断裂です。今回は「外傷性・非外傷性腱板断裂における保存的治療の疼痛と破局化による影響」という演題を発表しました。腱板断裂は、転倒などで受傷する外傷性腱板断裂と加齢に伴って断裂する非外傷性腱板断裂があります。双方に共通した症状は「痛み」です。怪我した原因によってこの痛みの種類が違うか、また生活動作や精神的にどのように影響しているかを研究しました。今回の研究をもとに、痛みで悩んでいる方々に忠実に向き合い、臨床に還元していきたいと思います。

前のページに戻る