新着・イベント情報 NEWS

お知らせ 2020.05.20

当院におけるコロナウイルス感染症対策について

患者様へ

 

当院におけるコロナウイルス感染症対策について

 

中国武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界に蔓延しており、日本では感染者は減少傾向にありますが、まだまだ油断することはできません。

知らないうちに新型コロナウイルスに感染し、無症状の患者さんが存在することは周知の事実であり、病院においても水際対策を継続する必要があると考えています。

当院では外来受診、入院、手術される患者様に対し以下のような対策をとっております。

 

A. 外来受診の患者様に対して

  1. 正面玄関ですべての来院者に対し検温を行っています。

  2. 37.5℃以上の発熱を認めた場合は、一般の患者様とは別の部屋で診察を受けていただきます。

    レントゲン検査も別室で行います。

  3. 発熱の患者様が複数おられる場合は、自家用車、テントなどでの待機をお願いする場合があります。

  4. 発熱に加え、呼吸器症状(咳、咽頭痛、呼吸が苦しいなど)がある場合は、

    当院受診の前に内科受診を勧めさせていただきます。

B. 手術目的に入院する患者様に対して

  1. 基本的に待機手術(急を要さない手術)は延期しております。(2020年5月19日現在)

  2. 待機できない手術(骨折、外傷など)の場合は、術前検査の加え新型コロナウイルス感染症対策として胸部CT、

    PCR検査、抗体検査を行います。(未成年の場合も保護者の承諾が得られれば実施します。)

  3. 新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、対応可能な病院へ紹介させていただきます。

C. 入院中に発熱した患者様に対して

  1. 入院中に37.5℃以上の発熱があった場合は、速やかに個室に移っていただき新型コロナウイルス感染症検査

   (胸部CT、PCR、抗体検査など)を行います。

  2. 同室者についても同様に個室に移って管理させていただきます。

 

 新型コロナウイルス感染症患者は減少してきているとはいえ、まだまだ予断を許さない状況です。当院では患者様の安全を第一に考え、今後もできる限りの対策をとって診療にあたっていく所存でございます。加えて職員の感染対策も万全とし、病院機能を維持できるよう努めてまいります。

 

皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

                             南川整形外科病院 新型コロナウイルス感染症対策委員会

                                                2020年5月19日

前のページに戻る